フラフープをウエストで回す基本の回し方においては、2種類の方法があります。 【骨盤を前後に動かす】または【骨盤を左右に動かす】です。    

【左右に動かす】やり方のほうが、人体の構造上無理がなく、比較的馴染みやすいようです。 まったく運動をしていない方やシニアの方、リハビリとしてフープを導入される方、身体的な左右差の大きい方は、こちらの【左右に動かす】やり方をおすすめしています。 運動経験のある方、立ち仕事の多い方などは、【前後に動かす】やり方がピンと来る場合が多いようです。

とはいえ、それぞれの体によってしっくり来るやり方は違うものです。 前後でも左右でも、ご自身が「できるかも?」と何となく思えるほうを選んでください。 続けているうちに筋肉が育ってきますので、不得意だったほうも自然とできるようになっていきます。 どうぞ焦らずに!