フラフープの正しい回し方

わたしたちフープ東京は日本初のフラフープ教室・フープダンス教室として2007年のオープンから今まで、TVや新聞、雑誌、書籍、ブログやWEBサイト等々さまざまな媒体でフラフープの正しい回し方をレクチャーしてきました。

ここで改めて、フラフープの正しい回し方だけではなく、必要な知識もお伝えします。


1.体にあったサイズと重量のフラフープを選ぶ

→「自分に最適なフラフープの選び方」をご参照ください。



2.正しい回し方を知る

ウエストで回す場合、腰は回しません。前後または左右の直線運動をします。



【前後に動かす場合】

足は肩幅程度に開き、片足を少し前にずらします。
右から左に押し出す人は左足を前に、左から右に押し出す人は右足を前にするのが基本姿勢です。

フープを水平に持ち、おへその高さで(高すぎても低すぎてもNG)背中にぴたりとつけます。
両脇はしめ、肘の角度は90度。前腕をフープに沿わせるように構えたら、片方の手を少しだけ後ろに引いて、勢い良く水平に押し出します。

勢いづけようと上体を大きくひねらないで。水平に押し出せなくなります。またその後の動作(腰前後)に移るまでの間があいてしまい、その隙にフープが落ちてしまいます。落ち着いて、肘を支点にして、帯を巻くように手を押し出してください。


押し出しがしっかりできるようになったらいよいよ体幹の運動です。
骨盤をまわさず、おへそに意識を置いて、前後ろにリズミカルに、一定のテンポを保って動かし続けます。

ここで腰の動きに加えて重要になってくるのが姿勢です。
開いた足の真ん中に重心をおいて、そこから天上に向かって垂線を引きます。その延長線上に頭があることを意識してください。
この垂線を境に、おなかを前後に均等に動かします。


おしりが後ろにぴょこんと出てしまいおなかが前に動かせなくなっている方、一生懸命腰を動かそうとして体全体ごとブンブン振れてしまっている方、おなかを前後に動かしているつもりで尾てい骨のみ動かしている方は、特に姿勢について注意してください。
ただし姿勢に気をとられるあまり、ガチガチになってしまわないように。
力み過ぎているとリズミカルに体幹を動かすことができません。
リズムとバランスを大切に!

 

 »正しい回し方が学べる【フラフープ超ビギナークラス】に申し込む

 


3.筋肉をつける


理論的には回しやすいはずのフープを使い、正しい回し方をしているつもりでも、どうしても回せない方は少なくありません。
それはなぜか?
正しい動かし方を維持し続ける筋肉が足りないためです。

フープをウエストで回すには胴回りの筋肉を中心とした下半身の筋肉を使います。
なかでも重要なのが、上半身と下半身をつなぎ全身のバランスを取る働きをする大腰筋、股関節の動きを支える腸骨筋といった、姿勢維持に関係するインナーマッスルです。
これらは重要な筋肉にもかかわらず、年齢を重ねる毎にその量が失われていきます。

座り仕事の方、普段歩いたりなどの運動習慣が無い方、階段の上り下りがおっくうになって来た方、何もないところでつまづくようになった方、立つと背中が反っておしりがポンと外に出る方、食事を摂ると下腹がポッコリ出る方は要注意です。

動きが目で見てわかるアウターマッスルとは異なり、インナーマッスルを意識的に鍛えるのは難しいことですが、フープはその回転を維持するための動きそのものがインナーマッスルのトレーニングになります。

毎日5分でも、3分でもOKです。できるときに少しずつ、ただし頻度を上げて(一週間に1回とかではなく)取り組んでみてください。
必ず回せるようになりますよ!


 

 

腰を前後に動かして回す、基本の回し方のデモンストレーション映像です。
ご自分とどこが違うのか、上の3箇条をヒントに見比べてみてください。

こちら↓は産後の骨盤調整フープエクササイズシリーズの動画ですが、基本のウエスト回しについてとても分かりやすく解説しています。参考になさってください。