自分に最適なフープの選び方

 

フープを回せるようになるためには、からだに合った大きさと重さのフープ選びがとても大切です。


1.体にあったサイズを選ぶ

「子供は楽々とフープを回せるんですが、わたしは回せないんです」しばしばこう仰って教室に体験にお越しになる方がいらっしゃいます。伺うと大人用ではなく、子供用のフープを兼用しているとのこと。
回せなくて当然です。なぜなら自分の体にあった、大人向けのフープではないからです。



【選び方のめやす】
標準的な体型の方:フープを体の前に立てたとき、フープの上端がおへその下10センチ~上10センチにおさまるものが回しやすいです。
ふくよかな方:上記よりも直径が5~10センチ大きめのものが回しやすいです。

上記はあくまでもめやすで、実際は回す部位のサイズ(ウエストで回すのであればウエストのサイズ)や筋肉量に関係してきます。

フープ東京ではのべ6千人を超える方を指導してきた経験から、下記のサイズ対応表を考案しました。

 

2.目的に合った重さを選ぶ

軽すぎると遠心力が足りずに回しづらくなります。
また重すぎるもの(2キロ以上)は皮膚に対する負担が大きく、黒ずみなどができやすいのでこれも避けることが望ましいです。


初心者は400g程度から、重くても1キロの範囲に収まるものを選びましょう。
重ためのフープは遠心力が大きく、それを押し返そうと腹横筋が常に緊張している状態になり、ドローインのような効果が見込めます。

基本のおなか回しがマスターできるまでは、上記の初心者向けサイズ・重量のフープを使ってください。
慣れてくれば小さめ軽めのフープやフープダンス用のPPフープでも回すことができるようになります。

 

3.選んではいけないフープ

フープの内側に凸凹がついていたり磁石が付いていたりなどするものは腰骨に当たった際にアザなどができて痛いので、避けてください。

凸凹による脂肪もみだし効果はありません。




硬すぎる素材も痛みの原因となりますので、肌の弱い方や筋肉の少ない方は弾性のある素材でできたフープを選ぶとよいでしょう。

 

 

わたしたちフープ東京が開発している、初心者におすすめのフープはこちらのモデルです。購入された方には無料のオンラインサポートをご用意しています。またご購入の前にもご不明な点などありましたらどうぞお気軽にお問い合わせください。

»【Amazonフープ東京ストア】即日発送可 初心者向け・大人が回しやすいエクササイズフープ

»フープがどうしても落ちてしまう方に カラーカスタムが楽しい!とにかく落ちないノンスリップフープ