わたしたちフープ東京は日本初のフラフープ教室・フープダンス教室として2007年のオープンから今まで、TVや新聞、雑誌、書籍、ブログやWEBサイト等々さまざまな媒体でフラフープの正しい回し方をレクチャーしてきました。

ここで改めて、フラフープの正しい回し方だけではなく、必要な知識もお伝えします。

フラフープを回すために必要なもの:

1.体にあったサイズと重量のフラフープ 
2.回し方に関する知識 
3.筋肉(主に大腰筋、腸骨筋、腹直筋、腹斜筋、腹横筋)

1.体にあったサイズと重量のフラフープを選ぶ

→「自分に最適なフラフープの選び方」をご参照ください。

2.フラフープの正しい回し方を知る

ウエストで回す場合、腰は前後または左右の直線運動です。腰は回しません。

【2-1:前後に動かす場合】

  • 両足は肩はば程度に開き、片足を半足~一歩前にずらす
  • フープを水平にかまえ、おへその高さで背中にぴったりつける
  • 片方の手を少し後ろに引き、勢いよく水平に押し出す
  • フープを押し出したら、おへそを前後ろに一定のリズムで動かす

このような手順で行います。

うまく回せない場合は、まずはフープなしのエアフープで動きを確認します。
ゆっくり→段々とスピードアップして、エアフープがしっかりできるようになってから、実際にフープを回し出すとよいでしょう。

【2-2:左右に動かす場合】

  • 両足は肩はば程度、横一文字に開く
  • フープを水平にかまえ、おへその高さで背中にぴったりつける
  • 片方の手を少し後ろに引き、勢いよく水平に押し出す
  • フープを押し出したら、腰をひねらず一定のリズムで左右に揺らす

手順は【前後】のときとほぼ同じです。立ち方と腰を動かす方向が変わります。

【注意すべきこと:姿勢について】

正しい動きに加え、姿勢も重要なポイントです。

【前後】の場合も【左右】の場合も、頭の位置は常に両足の真ん中です。
頭をつらぬく串が、体幹を通って両足の真ん中に突き刺さっているようなボディイメージを持ってください。

「ひとりではどうも回せる気がしない」「正しく回せているのか不安」という方はどうぞレッスンをご利用ください。

≫マンツーマンのオンライン個人レッスンを利用する

≫グループレッスンに申し込む

3.筋肉(主に大腰筋、腸骨筋、腹直筋、腹斜筋、腹横筋)を育てる

フラフープを回すことで体幹のインナーマッスルが自然と鍛えらえ、より長い時間安定して回せるようになります。

フープを回す=インナーマッスルトレーニングという仕組みですが、並行してこちらの筋トレを行っていただくことで、より早くフープが回せるようになります。

適したフープ、正しい動きと姿勢。これが備われば、フープは必ず回せるようになります。
日常生活にフープを取り入れて、健やかな体を保ちましょう!